東証一部上場

先日3月23日桧家ホールディングス(ヒノキヤグループ)は東証一部上場致しました。

創業30年と言う節目の年にかねてからの目標を達成することができ大変嬉しく、ステークホルダーの皆様にこれまで当社グループをご支援いただいたことに対して心より感謝申し上げます。

 

20180323_D4A3841 (2).jpg

 

昨年の二部上場からちょうど一年、最短スケジュールでの一部昇格となりました。

また3月1日にはグループ会社の日本アクアも東証一部上場となり、グループ内の2社が東証一部上場企業となりました。

 

20180323_D4A3866.jpg

昨年の上場時には時価総額が318億円で350億円にはわずかに足りず二部からの出発となりましたが、1年が経ち一部上場日の終値は450億円と大きく上昇しました。

4月4日に2022年に向けた中期経営計画を発表すると、株価は更に上昇を続け4月10日の終値は4200円を付け時価総額は570億と昨年の昨年上場時の1.8倍にまでなっています。

株価の上昇は過去の実績ではなく将来期待です。数多くの株主の皆様からのこの期待を原動力に変えてグループの更なる成長、発展へと努力を重ねていきたいと改めて思いを強くしました。

 

(株)桧家HOS-20.jpg

 

 

4月4日に発表した中期経営計画では5年後の2022年に、

 

売上         2000憶円

経常利益       150憶円

販売棟数       5300棟

ROE         25%以上

配当性向       30%以上

自己資本比率     30%以上

 

と言う数値目標を発表しました。

30年かかってようやく達成した売上1000憶円を5年で倍増させるわけですから簡単なことではありません。

ハードルは高いと思いますが、チャレンジし甲斐のある目標です。

売上にしろ販売棟数にしろこのくらいの数値を達成して初めて業界でのプレゼンスがやっと表れてくるのだと思います。

 

 

“日本の家を変える、日本人の暮らし方を変える”

との想いからスタートした「Z空調」。

おかげさまでたくさんのお客様にご支持いただき、日本全国にこれまでの発想にない快適な住まいが広がっています。

しかし、今のペースでは時間がかかり過ぎます。業界へのインパクトも一部に留まっています。

これを一気に全国に拡大して、日本の家づくりの考え方を根本から変え、この快適で健康的な住まいを望む方全てに届けるために来年から「Z空調」をシステム外販する予定です。

グループ会社の日本アクアと連携して「アクアフォーム×Z空調」で日本全国に旋風を巻き起こしたいと考えています。

 

 

もちろん桧家住宅やパパまるハウスなどのグループ会社もエリア拡大を積極的に図っていきます。

桧家住宅はFC加盟店であった静岡の「ハウジーホームズ」をグループ化し、静岡県を一気に攻めあがります。

パパまるハウスも北陸から関西地区への進出を計画しています。

 

不動産では建売や土地分譲の他、収益物件を取り扱うフュージョン資産マネジメントが、新たなビジネスにチャレンジしていきます。1つは不動産の小口化、もう1つはインバウンド向けのホステル事業です。

不動産の小口化とは、1棟数億円する収益不動産を小口化(証券化)してより多くの投資家に販売していこうというもので、現在そのための免許を申請中です。

インバウンド向けホステルとは、拡大を続ける訪日外国人の中でも特に今後増大が見込まれる東南アジアのファミリー層をターゲットとした4ベッド、5ベッドの低価格ホテルです。日本にはビジネスホテルやカプセルホテルは多数ありますが4名〜6名のファミリーが泊まれる施設は極端に不足しています。現在台東区に土地を確保し来年秋の操業を予定しています。

 

 

その他断熱材やリフォーム、介護保育といった既存の事業全てで拡大を見込んでいますが、それだけで売上倍増は厳しいと思います。「Z空調」のシステム外販、現在計画中のベトナムでのプレキャストコンクリートパネルの製造、販売や戸建分譲開発など新規事業や海外事業も具現化していきます。

また当社がこれまで得意としてきたM&Aを積極的に駆使し、グループ全体にシナジーの発揮できる事業に取り組み、既存の事業に上乗せして目標である2000憶円を達成していきたいと思います。

 

 

ヒノキヤグループの今後の展開にご期待下さい!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


この記事のトラックバックURL
トラックバック

ヒノキヤグループ 社長ブログ

オン・オフを問わず、考えていること、気付いたこと、感じたことなどを発信していきます。

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

Profile

近藤 昭(株)桧家ホールディングス 代表取締役社長 近藤 昭

1967年兵庫県神戸市生まれ。慶應義塾大学卒業。 大学卒業後、大手生命保険会社や外資系保険会社勤務を経て、 2001年に(株)東日本ニューハウス(現・(株)ヒノキヤグループ)に入社。 専務取締役、副社長を経て、2009年に代表取締役社長就任。 2012年に『日経ヴェリタス』が行った「在任期間中に株価を最も 上げた社長のランキング」では、全上場会社中第5位にランクイン。 業界の常識にとらわれず、常に顧客目線で考えることがモットー。 「あらゆる人にエコで快適な住まいを」 提供するために日々奮闘中。

   

Selected entries

Categories

過去記事

Recent trackback

著作本

著作本

Links

 

mobile

qrcode

Search

Others